ねこの体ケア

猫の体重管理は自分との戦い(Day78_1/7)

ごにゃーーーん(ごはーーーん)!!

猫の体重増加が気になる


8ヶ齢を過ぎたむぎ。
体重は4.7kgほどになりました。

先月12月8日に4.2kgだったのでひと月で500g増えています。


これまでのむぎの体重は

  • 10月26日(6ヶ月弱) 3.2kg
  • 11月17日(6.5ヶ月) 3.7kg
  • 12月 8日(7ヶ月)  4.2kg
  • 1月 7日(8ヶ月)  4.7kg

とまあすくすくと育ってまいりまして。^^
体重を増加の点でみると、

  • 6ヶ月→6.5ヶ月で500g増
  • 6.5ヶ月→7ヶ月で500g増
  • 7ヶ月→8ヶ月で500g増
むぎの体重変化

体のサイズは成熟したのだと思います。
あとは人間同様、横についていくだけ。


今の肉付きっぷりをみると5kgは超えない方が良さそう。

4.2kgが4.7kgになるのって、人間で考えると50kgの人が55.5kgになるのと一緒なので、一ヶ月でこの増加はちょっと食べすぎですね^^;

ごはんの要求との戦いがつらい


完全室内飼い、ましてや2DK程度のマンションだと運動量にも限りがあります。

なので「体重管理=食事管理」となるわけですが、これまたむぎが食いしん坊!

何だか常にお腹が空いているみたいです。


そこはぐっとこらえ、ごはんをせがんできても(朝は既に食べた)「まだだよ~」と出さなかったら足元でふて寝してました。

「ごはんくれるまでここうごかにゃいもんね」

背中で語るむぎ。


むぎが細く見える角度

世の中にはもっとぼってりした可愛らしいにゃんこさんもいるし、それでも元気な子は元気なのですが。

関節への負担や脂肪肝などやはり将来的な病気が気になります。

とりあえずはこれ以上むぎの体重が増えないよう、「ごはんちょーだいにゃ」のまなざしに負けないよう自分と戦います。

食べたいときに甘やかしてあげてしまっていたツケが回ってきました。
今更ガマンさせてむぎにも申し訳ない気持ちです。

孫を甘やかすおじいちゃんおばあちゃんの気持ちと、甘やかしちゃダメという母の感情が頭の中で対立。
つらい…(笑)。

今日の夫とむぎ


今日もむぎがかわいい姿で寝ていました。

写真を撮ろうとする夫。
それに気づいてじゃれるむぎ。


一番かわいい瞬間を撮るのは難しいですね。

実家のムー(ハチワレ)はスマホを向けるとそれだけで逃げちゃいます。


今日もむぎの成長を見届けていただきありがとうございます!


↑ランキング参加中です。よろしければポチっと応援お願いします(=^・^=)

むぎ
むぎ
まだぼくは太ってないにゃ。「ちょいポチャ」にゃ。
(=^・^=)(=^・^=)


レガリエ キャットフード