ねこの体ケア

猫用ワクチン接種は毎年必要?3年おきでもいいと聞くけれど…(Day392_11/17)

ふくねこ
ふくねこ
前回のワクチンから1年だから、そろそろまた家に行かなきゃね。
むぎ
むぎ
びょ、びょういん行くのいやにゃー!

コアワクチンとノンコアワクチン


猫用ワクチンは7種類あり(2019年10月時点)、その中でもすべての猫が受けることを推奨されている「コアワクチン」とそれ以外の「ノンコアワクチン」があります。

  1. 猫ウィルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス感染症:FVR)
  2. 猫カリシウイルス感染症(FCR)
  3. 猫汎白血球減少症(伝染性腸炎)
  4. 猫クラミジア感染症
  5. 猫白血病ウイルス感染症
  6. 猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズウイルス)
  7. 狂犬病

このうち、①②③がコアワクチン。
動物病院で3種混合ワクチンを打つときは通常この3つです(むぎもこれを接種してます)。

これらの感染症は感染力が強く広く蔓延しており、かかると重篤化しやすい病気です。

完全室内飼いをしていても飼い主を介して感染する可能性があるため、「外に出さないから大丈夫」とも限らないんですよね。




猫のワクチン接種は毎年必要?


そんな猫のワクチン接種、おうちの猫ちゃんは毎年受けていますか?

というのも、最近よく「3年おきでもいい」という話を耳にすることがあり、実際にAAFP(全米猫獣医協会)およびWSAVA(世界小動物獣医協会)では、コアワクチンの接種は3年に1回を推奨しています。

日本では動物病院の先生の考え方によってワクチンスケジュールの方針が異なっていて、猫ちゃんの住環境(室内外かどうか、周りに地域猫や野良猫が多いか)とワクチンの副作用のバランスで、毎年もしくは3年おきかを判断されているようです。

むぎがお世話になっている動物病院ではコアワクチンは毎年。
2年目のワクチンのタイミングがそろそろです。

ただ、完全室内飼いで他の猫を触ったりすることもないので、気持ち1ヶ月遅れくらいでもいいかなと思っています^^;

前回のこと(尿結石での注射で大暴れ)を忘れているといいな…(笑)

今回ワクチン頻度のことを調べるにあたり、以下の2院の先生の記事を参考にさせていただきました。

ガーデン動物病院
たのうえ動物病院



ホットカーペットでのダラダラは続く

肌寒くなりホットカーペットを入れたところ、引っ付いて離れなくなりました。

それはそれは気持ちよさそうに寝ています。

冒頭あまり動いていませんが動画です…。

気持ちいいもんね、ホットカーペット。

ホット(電気)カーペットって、室内も靴で入る文化の欧米ではほとんどないそうです(電気シーツはある)。

その分部屋中を暖かくしてあるのですが、このじんわりした暖かさを知らない猫ちゃんたちにも、ぜひ一度味わって欲しいものですね。

むぎ
むぎ
明日も見てニャ!


↑ランキング参加中です。よろしければポチっと応援お願いします(=^・^=)

猫マズルスリーブ限定販売中


FUKUNEKO LAB @BASE店で販売しています☆