ねこの体ケア

【猫を飼う費用は月1万円】意外と高い食費・トイレの維持費

猫を飼いたいけどお金はどのくらいかかるの?
実際にかかった費用を公開しています!

猫を飼うとかかる費用

猫を飼ったことがある方ならご存知かと思いますが、猫と暮らすとなると意外にお金がかかります。
その内容はごはん代だったり、トイレの砂だったり、医療費だったり…。

ここでは「完全室内飼い」で猫と暮らす場合に実際にかかった費用をご紹介します。

猫を受け入れる際の費用

まずは猫さんの費用。
我が家の場合は保護元さんからのお譲りだったので、往復の交通費の約3000円ほどでした。

ペットショップなどでは数万円かかります。
保護猫さんの里親は全国で募集しているのでぜひ保護猫の里親になってほしいです。
保護猫の場合は接種済みのワクチンの費用(4~5千円)がかかることが多いです。


むぎの場合、猫を運搬する用のキャリーは自作のためほぼ0円でした。
市販品を購入すると4000円~1万円前後です。

ごはん代

猫の食事代はピンキリです。
1kg300円くらいのものから1kg4000円くらいのものまであります。


我が家では「ミャウミャウ」のパウチ(ウェットフード)とカリカリ(ドライフード)をあげています。
パウチが1袋63円~75円、カリカリが270gで400円ほどです(スーパーで買える価格)。
プラス、ドライフードに国産無添加のプレミアムフードを混ぜています。これが1.5kgで4000円くらい。

むぎはウェットも入れないと食べてくれないので、1日にウェット1.5袋、カリカリを80g~100くらい食べます。
プレミアムフードの方はあまり食べないこともあり1.5kgで2ヶ月は持ちそうです。

おやつのちゅ~る代も入れたら1日だいたい300円のごはん代です。

となるとひと月で1万円…。けっこうかかってますね^^;

お皿とお水入れ、ごはんの飛び散り防止のお盆は100均で買いました。

トイレ代

猫飼いの必需品のひとつ、トイレ。
本体は2000円~4000円ほど。


むぎが使っている楽ちん猫トイレは楽天で3800円くらいでした。

このトイレ本体の他に猫砂と、楽ちん猫トイレの場合は専用の紙トレーも使うのでその費用もかかります。
専用の猫砂が3.5週間で500円。
紙トレーは1枚約100円、2週間で1回の交換です。

うんちを捨てるとゴミ箱が臭うので、防臭袋も取り入れました。
1枚8円くらい(SSサイズ)で2~3回分、むぎだと1日~1.5日分のうんちを入れられます。

計算するとトイレの維持費がひと月で1100円くらいです。

医療費


猫にも医療費がかかります。
もちろん何もなければかかりませんが、病気予防のワクチンはしておきたいところ。
賃貸によってはワクチンが必須のところもあります(うちがそうでした)。


ワクチンは3種混合であれば診療費込みで4500~5000円ほど。
5種や7種になるともう少し高くなります。

ワクチンは初回は2回打ち、以降は1年ごとに打つパターンが多いです。

2回目のワクチンは診療費込みで3600円程度でした。

むぎは既に去勢済みで、費用を負担すると申し出たのですがご厚意で不要とのことでした。
通常去勢であれば15000円前後、避妊は2万円前後の費用がかかります。

その他の費用


ごはんやトイレ、医療費の他に、猫との暮らしを楽しく快適にするアイテムの費用もかかってきます。

例えばキャットタワーや猫のおもちゃ、猫用ベッド。
我が家では夫が猫アレルギーなのでHEPAフィルダー付きの空気清浄機も購入しました。


150cmのキャットタワーが5500円ほど、空気清浄機は8000円くらいのを使っています。
おもちゃは100均で購入。ただの紐でも十分遊んでくれます。

猫ベッドはドンキで1800円くらいのを買いましたがベッドとしては使わず掛布団みたいにして使っています。

抜け毛対策に購入したブラシも「ファーミネーター」というトリマー御用達のブラシを買ったので、約4000円とちょっと高かったです。

猫を飼う費用まとめ・むぎの場合

最後に、費用を一覧にまとめてみました。

猫のお迎え費用 猫:無償
猫を迎えに行く交通費:3000円
キャリーバッグ:手作りで0円(市販品4000~1万円)
ごはん・おやつ代 約10000円/月
トイレ代 初期費用:3800円/月
維持費(猫砂、トレー、防臭袋):1100円/月
医療費 ワクチン:初回(2回分)8000円
以降数千円/年(種類による)
避妊:15000円~2万円程度
去勢:1万円~15000円程度
他随時
その他費用 キャットタワー:5500円
猫ベッド:1800円
抜け毛取りブラシ(ファーミネーター):4000円
おもちゃ:100円/月

お迎えや初期の準備費用はさておき、ごはんとトイレ代で11100円ほど毎月かかっています
意外とかかっていますね(^^;

ドライフードよりウェットフードの方が高く、ウェットフードを好んで食べるむぎの場合は食費が高くなってしまいます。
食費を抑えたければ安いフードにすればよいのですが、あまり安いフードは原材料に不安があり食べさせることに抵抗を感じます。

ウェットフードは歯に詰まりやすく、カリカリの方が歯にいいと言われています。
歯周病予防のためにもカリカリをメインで食べてほしいのですが、カリカリの途中で「ウェットをくれー」と訴えてきます(笑)

うまくカリカリとウェットの量を調整していくのが今後の課題です。

何だかんだフードやトイレ用品はネットのまとめ買いが安くて楽。
ポイント還元を利用して次回購入分を安く買うよう工夫しています。
国産・最高品質!レガリエキャットフード
国産×グレインフリー
【レガリエキャットフード】

・待望の国産グレインフリーのレガリエキャットフードは、獣医師監修の科学的な栄養バランスが特徴。
・初回500円で気軽にお試しできます。

レガリエ公式ページを見てみる