ねこまんが

ハイになるの|ねこまんが

ぶつからないでね!

お風呂場でうんち


先日母がうちに来た際、ねこのトイレについて話していました。

ふく「そういえばミーはどんなトイレ使ってたっけ?」
母 「あれ?全然覚えてないわ」
ふく「思い出せないや」

そして思い出しました。

あ、お風呂場でしてた。

ふくねこが中学生のとき家を建て替えたのですが、その前は庭でしていました。
新しい家では庭もあったものの、いつの間にかお風呂場で用を足すようになりました。

うんちは特に臭いので父はいい顔をしません(そりゃそうですね)笑。

それを思い出して描いたマンガです。

うんちのあとのハイテンション


カシッカシッ、ダダダダダ!!!!

うんちの後にダッシュする愛猫の姿を見る方がほとんどだと思います。
なぜねこはうんちの後にダッシュしたりテンションが上がるのか。

それには室内飼い猫ならではの理由があるようです。

余ったエネルギーを発散!


本来野生の猫は獲物をつかまえたり、縄張りをパトロールしたりと、エネルギーを使うことがたくさんあります。
飼いねこであればごはんはにゃあと鳴けば出てくるし、縄張りもそれほど広くありません。

そこで余ったエネルギーが「排泄」という本能的な行動を引き金として爆発し、うんち後の大ハッスルにつながるのだろうと考えられています。
うんちで眠っていた野生スイッチが入るわけですね。

排泄時は危険


またもうひとつの説として、危機的状況のためにテンションを上げているという考えがあります。

自然界で最も無防備になる「排泄」の間は危険と隣り合わせ。
そのため「排泄=ハイテンション」という状態になるのではないかという考えです。

ハイになるのはいいのですが、ぶつかったりモノを落としてけがをしないでくれればと思います。

登場猫ミー:茶白ねこ♂(去勢)。ふくねこ小学2年生の時に我が家の一員に。18歳まで生きるも虹の橋を渡る。
ムー:ハチワレ♀(避妊)。ミーの後継。抱っこお触り厳禁。気安く接すると血を見るおてんば。
むぎ:茶トラ♂(去勢)。2018年10月22日に養子縁組。一緒に暮らしています。

むぎグッズ販売中!

むぎシャツ・バッグ

Tシャツトリニティにて販売中!