むぎな日々|blog

甘えん坊が過ぎる猫との適度な距離の取り方(Day299_8/16)

ふくねこ
ふくねこ
むぎは何だか最近ちょっと自立してきたね。
むぎ
むぎ
ぼくはもう立派なオス猫にゃ!(あっおやつ…ゴロゴロ…)

甘え猫の要求に応え続けるとわがまま放題になる


甘えん坊猫が多いのはオス猫とよく言いますよね。
オス猫はメス猫にアピールするために、甘え方がうまいそうです。

むぎも甘えん坊で、「ごはん」「遊んで」「かまって」「ちゅーるくれ」の時は全力で訴えてきます。

ただ甘えてくるまま要求に応えてしまうと暴君になってしまうんですよね。


そんなときは心を鬼にして「今はダメ」を貫きとおします。

(ごはんはあげてしまいますが…)

ちゅーるも1日最大1本と決めているので、欲しがっても「さっき食べたでしょ」とガマン(むしろ飼い主が)。

でもダメって分かると猫ってちゃんと諦めるんですよね。


むぎは決してあきらめない精神を持っているのでなかなか引きませんが、最近は「ダメなものはダメ」を貫き通していることで少し自立してきた気がします。

要求に応じる方が簡単なんですけどね。

愛猫を前に心を鬼にする方が大変です。



運ばれ屋、むぎ


久々登場の「運んで猫」。

このボックスが大好きなむぎは置くと100%入ってきます。

そして運ばれるのを待っています。


持ち上げて部屋の中を歩くと、ゴロゴロ喉を鳴らしながらくつろぐむぎ。

どういう気持ちよ。

6.5kgを持ち歩くのはなかなか大変になってきましたが、楽しそうなのでこらからも頑張ります。

むぎTシャツ・むぎバッグ

Tシャツトリニティにて販売中


↑ランキング参加中です。よろしければポチっと応援お願いします(=^・^=)

(=^・^=)(=^・^=)


レガリエ キャットフード