むぎな日々|blog

猫と暮らすのは簡単なことじゃない(Day160_3/30)

猫は「ごはんとトイレがあれば大丈夫」?いいえ、それだけじゃ足りませんっ!

むぎ
むぎ
ごはんとトイレもだいじにゃけどね!(おいしいごはん…

猫と暮らしていて大変に思うこと5つ

クールで一匹狼な印象のある猫ですが、現代の家猫は決してそんなことはありません。

愛猫むぎと暮らしていると猫の感情の豊かさと自由さに振り回されることばかり。

そんなちょっと大変な5つのことを挙げてみました。



1. 寝る時は上に乗られ安眠が妨害される


朝まで一緒

布団に寝ていると上に乗ってくるむぎ。

うれしさと重たさの狭間で眠ります。


もちろん朝は早朝に起こされるわけですが。

猫3匹と一緒に寝ている方は猫の隙間で寝ているとか…(笑)

猫のために安眠が少々妨害されるのはやむをえません。

2. 遊んであげないとすねる


キッチンマットとの戦いの後

遊ぶことが大好きな猫。

パソコン作業に集中していたら、後ろでむぎが激しくキッチンマットと戦っていました。

かまってくれなくてすねてたみたいです(このあと撫でまわした)。

3 好奇心の塊なのでなんでもひっくり返す


夫の色々バスケット

猫の前足はとっても器用。

出っ張りがあれば手を伸ばし、とっかかりがあれば何でも簡単にひっくり返します。

写真を見た夫の一言:「なんでこんなことに…?」

器用ですから。

4. どこにでも入る


バスケットがあった場所

猫の身体能力は素晴らしく、ちょっとした隙間にも見事に飛び込みます。

「あれ?いないなあ?」と思っていたら「よくそんなとこ入ったね!」という隙間に入っていることもよくあります。


カゴ、紙袋、棚の隙間、クローゼットの上、収納ラックの隙間…。

猫は忍者ですね。

5. 悪気がないしかわいくて怒れない


ぼく何かしましたかにゃ?

ひっくり返したり、服に爪を立ててボロボロにしたり、本の角を噛んだり、色々と「ああっ」と思うこともするむぎですが、なぜか怒る気になれません(笑)

ひょうひょうとしたその姿に思わず何でも許してしまう…。

こうして我が家のわがままボーイが出来上がっていくのでした。



今日の夫とむぎ


ごはんの余韻にひたるむぎ

今日もむぎを抱っこする夫。

夫いわく「ごはんの後がねらい目」とか。

そんな夫にある変化が。

これまで私がむぎのウンチをにやにやしながら片づけているのが不思議だったそうですが、この日、むぎの見事な1本ウンチを見て「これはにやにやしちゃうわ!」と。

ようこそこちら側へ!


↑ランキング参加中です。よろしければポチっと応援お願いします(=^・^=)

(=^・^=)(=^・^=)


レガリエ キャットフード