むぎな日々|blog

うちの猫が覚えた「おやつ」の合図(Day704_9/23)

ふくねこ
ふくねこ
今日は涼しかったね
むぎ
むぎ
そろそろ着替えるかにゃ

ドアが開く=おやつと思っている?


愛猫のむぎさんは私が帰るとおやつ待機をします。

所定の位置に座り、私の顔を見上げ

「さあ、おやつを出すにゃ」

と目を輝かせるのです。


しかしこのおやつ待機の発動は、必ずしも帰宅と連動しているわけではないと気づきました。

どういうことかと言うと、ドアが開く=おやつと思っているようなのです。


私がトイレから出るたびに「おやつにゃー!」と走ってくるのです(笑)

うちは玄関横にトイレがあり、居室へのドアが帰宅時と同じです。

たぶんむぎの頭の中では「このドアからこやつが出てきたらおやつがもらえるにゃ」という図式ができているのかもしれません。


私の帰宅に反応してるんじゃないんかーい(笑)

とも思いますが、かわいいやっちゃな!です。


むぎさんのおやつへの執念はすごく、もらえるまで鳴き続ける時もあります。

健康を考えると一日の上限があるのでたくさんあげるわけにもいかず、あげたい気持ちとの葛藤を人間側も抱えています。

ぐっと我慢。


おやつの代わりにナデナデでごまかすも、撫で終わると「あれ?おやつは?」と見てくるのがまた(笑)

このおやつへの執念、たくましい限りです!



伸びるむぎさんで遊んでみました。

今日のトイレ記録
  • うんち朝ー
  • うんち夜〇
  • おしっこ3回
むぎ
むぎ
明日も見てニャ!


↑ランキング参加中です。よろしければポチっと応援お願いします(=^・^=)

猫マズルスリーブ限定販売中


FUKUNEKO LAB @BASE店で販売しています☆